コロナ禍における診療所経営の考え方

お問い合わせはこちら オフィシャルサイト

コロナ禍における診療所経営の考え方

コロナ禍における診療所経営の考え方

2021/06/24

コロナ禍における診療所経営の考え方

 

コロナ禍において診療所が散るべき対策を考える際、大切なのは「全ての患者さんがコロナ禍で減ったわけでない」という視点です。

 

たとえば、重症度×緊急度というセグメンテーションで考えると、重症度、緊急度ともに高い患者さんについてはコロナ禍でも一切減っていません。

 

よってコロナ禍で生き残る診療所経営を実現させるためには「減らなかった/現在も来院している患者」に着目する事が重要です。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。