3Dプリンターの日本での実用化は

お問い合わせはこちら オフィシャルサイト

3Dプリンターの日本での実用化は

3Dプリンターの日本での実用化は

2021/08/03

3Dプリンターの日本での実用化は

PERIは、デンマークの建設用3DプリンターメーカーCOBODと3Dプリンター「BOD2」を開発した。

 

BOD2は材料開発や認可取得手続き、材料試験の実施を含めて多くの企業が協力しながら改良を重ねて実用化したものだ。

ベックムでも住宅建設だけに限らず、風力発電所の基礎部やモニュメントなど様々な造形物をプリントして実用化している。

 

今後の開発方針についてファビアン氏は「施工期間をさらに短縮する為にノズルの吐出するスピードを上げたり、吐出する層を厚くしたり出来る様にしたい。加えてプリンターを外に設置するため、悪天候でも問題無くプリントできる方法の検討を進める」と説明する。

 

日本での実用化も検討している。PERIジャパン(東京都中央区)の秋葉和史代表は「日本で3Dプリンター市場の浸透を加速するためには法律的にも技術的にも解決しなければいけない課題がある。まずはプレキャスト製品や型枠などの政策から展開していく」と説明する

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。