建物構造について

お問い合わせはこちら オフィシャルサイト

建物構造について

建物構造について

2021/06/08

建物構造について

 

新築をお考えの時に「鉄筋コンクリート造がいいのか、
鉄骨造がいいのか、それとも木造がいいのか」
と迷われる方も多いと思います。
そこで、それぞれの長所と短所を説明したいと思います。

 

鉄筋コンクリート造は、鉄骨で骨組みをしてその周りを型枠で囲み
コンクリートを流し込んで形を作っていく方法です。
とても固くて重いしっかりとした構造になっています。
長所としては、重量がありしっかりとした構造体の為、地震時の揺れが
少ないと言えます。
さらに、重量が有ることからコンクリート壁や床の部分に関しては
音の伝播が少なくなります。
短所としては、柱梁のサイズが鉄骨造や木造に比べて大きくなります。
また、重量が重いため、基礎構造が余計にかかる可能性もあります。

 

鉄骨造の長所は、軽い構造体なので柱梁が鉄筋コンクリート造に比べて
細かく小さくて済みます。
また、軽いということから基礎構造に関しても負担が楽になります。
さらに、工場加工をある程度してから現場で組み立てる工法なため、
工期短縮になり、コスト削減にもなります。
短所としては、地震時の揺れが鉄筋コンクリート造に比べて長くゆっくりと
揺れます。そして、軽さ故に音の伝播対策への配慮が必要になります。
内外装材についても、建物の揺れ幅を想定すると適当なピッチでの目地が
必要であったりするなど仕上材にも制約が出てきます。

 

木造については、土地にかかる制限により、建てられる場所、規模に
制限がありますが、長所・短所は比較的鉄骨造と似ています。

 

細かく書くともっと色々な特徴の差はありますが、構造方法の選定は
土地の状況やコスト、工期、建物の雰囲気など総合的に判断することが
要求されますので、ご相談いただければご希望に合わせてご提案させて
いただきます。
 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。