withコロナ時代に生き残る為の対応策③

お問い合わせはこちら オフィシャルサイト

withコロナ時代に生き残る為の対応策③

withコロナ時代に生き残る為の対応策③

2021/07/01

withコロナ時代に生き残る為の対応策③

集患強化

①売りの再設計

「集患強化」は「自院が地域においてどのような領域で必要とされているのか」、また「売りは何なのか」を再設計するところからスタートします。

風邪の患者さんは減っても生活習慣病の患者さんは継続来院してくれるためそうした患者さん向けに健康診断や食事・運動指導に力を入れ始めた施設もあります。これまでなんとなく診察をして、それなりに患者さんがいらしていた施設でも、このコロナ禍による患者さんの変化をチャンスととらえて、まずは自院の売りを見直してもらえたらいいと思います。

 

②広告/広報強化

自院の売りを見直すことができたら、それにあわせて広告/広報を強化します。ここでは、初診や新規患者向けのアプローチと、再診・再来患者向けのアプローチを分けて考える必要があります。

マーケティングの考え方では、まずは地域で「認知」され、「試行」してもらい、気に入ったら「継続」してもらえるという流れがあります。

 

③オンライン診療

集患強化のツールの一つとしてオンライン診療は有効だと考えています。

現在はコロナ禍における特例処置として、オンライン飲料に関する各種制限(新患・初診の禁止、一定の対面診療必要、疾患限定)が外されていて、あらゆる患者さんに対してオンライン診療を行うことが可能です。これらを活用し、自院に継続来院してくれている患者さんを新型コロナウイルスの院内感染から守ることができます。そうした意味で患者さん側の受信ルートの選択肢のひとつとして、オンライン診療を検討して頂きたいと思います。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。