withコロナ時代に生き残る為の対応策④

お問い合わせはこちら オフィシャルサイト

withコロナ時代に生き残る為の対応策④

withコロナ時代に生き残る為の対応策④

2021/07/02

withコロナ時代に生き残る為の対応策④

資金繰りの安定化

最後に資金繰りの安定化です。

収支が厳しい中、それでも乗り切るための構造改革として「筋肉質な経営」と「集患強化」の実現に向けて時間を稼ぐための資金を確保していく、という事です。

①運転資金確保

まずは新型コロナウイルスの感染拡大が顕著になって以降、各金融機関や福祉医療機関等で新型コロナウイルス対応融資はかなり円滑に実行されるようになっていますので、これらの制度を使って一定の運転資金を確保していきます。すでに融資対応済みの医療機関が多いとは思いますが、制度がどんどん追加されて、また融資枠も一部で拡充されていますので、今一度相談して頂くことをお勧めします。

②家賃/返済交渉

また、どうしても運転資金の確保だけでは資金繰りが厳しい場合は、仕方が無いので、家賃削減・延滞交渉や既存借入金の返済スケジュール交渉を行います。窮状について資料を元にきちんと丁寧に説明しお願いすれば、一定の対応を検討してもらうことが可能です。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。